身体の使い方を鍛えるピラティス

普段コンスタントにジムに通われているお客様。ピラティスをやってみたかったということで、当店に足を運んでくださいました😊

脚の形や膝の痛みについてお悩みでしたので、最初に身体を見させていただきました✍️骨盤前傾によりお尻の筋肉が上手く使えておらず、代わりに太ももの外側の筋肉を使いすぎてしまっていること、そして足の内側に重心をのせていることにより、脚の形や張り、痛みにつながっているようでした。

股関節だけを動かすエクササイズ

ピラティスは体幹トレーニングやダイエット、ボディメイク、姿勢改善などに効果があると言われていますが、それはピラティスで得られる恩恵の1つに過ぎません🎁ピラティスで鍛えるのは、「身体の使い方」です!

私たちの身体はクセがあります。クセは無意識でやっていること、人に言われて気づくようなことですが、普段悪い姿勢をとり続けていると、身体は「このポジションが楽だな~」と認識し、いつも同じ体制をとるようになります。

その結果、

使いやすい筋肉が頑張るのでその部分の筋肉が広大化する。

使わない筋肉は鈍くなり、どんどん使えなくなる。

動かしたい関節を動かさないことにより、その周りに脂肪がつく。

動かしたくない関節が動きすぎることにより、痛みがでる。

といった影響がでてきます。なので、ピラティスで身体に「正しい使い方」を教えてあげ、自分でコントロール出来るように導くことで、結果ダイエットや体幹を鍛えることに繋がっていくのです🍀✨

身体をコントロールするには深く身体へ集中することが必要です。お客様は初めてとは思えないほどしっかりと集中して動かれ、普段使えていない筋肉のスイッチが入ったことを実感されていました😊

今後の変化が楽しみですね✨

PAGE TOP